アイフル土日の利用と援助の狭間で

結婚以来ずっと家計簿をつけていますし、エクセルで自作したこともありましたが、やはり自分で計算して残金を出さないと実感は湧かないのかエクセルの物はすぐに飽きてしまいました。

 

子供の成長に合わせて支出内容も大きく変わったので、5年も前の家計簿を見返しても何の役にも立ちません。せいぜい去年のものが参考になる程度だと思うので、2年ほど保管したら破棄しています。

 

家計簿は家計を管理するためのものなので、主人のお給料のみを書き留めています。私がパートに出ていた頃も、パート代は家計費に入れず、子供の夏期講習など臨時の出費に当てていました。家計簿を付けていることは主人も知っていると思いますが、見せろと言われたこともありません。

 

なのでアイフルで土日に申込む方法などを利用していたとしても恐らく気づかないと思います。自分の収入内で納まっているのならと全く興味はないようです。納まっているのではなく、納めようと日々努力していることをたまには評価して欲しいものだと思います。

 

結局今の家計簿は、用途別に幾らお金が残っているかを確認するだけの為に記入しているようなものです。

アイフルを利用する魅力とは?

私は昔よくキャッシングのアイフルを利用していました。アイフルはTVCMでもお馴染みで、会社としての安心感、信頼性はあると思います。さらにアイフルは、借り入れの審査がとてもスピーディです。最短では30分で審査が終わると言われていますが在籍会社へアイフルの在籍確認はもちろんあります。

 

後アイフルには無人契約機で審査が出来るので、誰にも人と会わずに来店をする事なく借り入れの契約が出来ます。返済の際もATMや銀行から返済することが可能ですし、コンビニからも返済をする事が出来ます。

 

コンビニは全国各地どこにでもあるので、アイフルの店舗まで足を運び返済をする手間がないのも魅力的です。

 

私はいつも仕事帰りに返済をしていたので、銀行のATMでは時間が間に合わなかったので、コンビニで返済が出来るのはすごい助かりました。私みたいに、給料が入ればすぐに返済していたので金利も日割りで計算してくれ、金利もほとんど気にならずに利用できました。

お金遣いとカードローンの審査

学生時代は色々とお金がかかるものです。私は実家住まいでさらに授業料も親が負担してくれていたので、かなり甘えた部類の学生だったと思うのですが・・・。

 

アルバイトも稼いだだけほとんど自分の生活費に充てることができるのですから。が、それでもお金が足りなくなるんですよね。どれだけお金遣いが荒いの?と自分でも思っていましたが、サークルの遠征や合宿などに参加していると飛ぶようにお金がなくなっていくんです。

 

それなりにオシャレもしたいし、美容院にも行きたいとなると余計にお金はすぐになくなります。友人づきあいはサークル仲間だけではないので、クラスの友達との旅行や合コンとなるとまたお金が飛ぶようになくなります。

 

ホントに学生時代って、今から思うと無駄にお金がかかっていました。が、当時は仕方ないのでカードローンで審査OKの所に申し込んでお金を借りていました。

 

さすがに親にお金は借りにくかったので、カードローンを利用しました。返済は滞ったことがないので、親はカードローンを利用していたことは知らないと思います。