専業主婦が離婚する時にも活躍するカードローンでの借入

専業主婦の方も離婚をする機会がやってくる可能性もあります。勿論離婚が無いということは一番いいのかもしれませんが、もしそのような場面に遭遇した場合、お金というものを考えなければなりません。離婚に必要なお金は方法によって結構変わるので気を付けてください。

 

協議を行ったうえで離婚する場合や、調停を利用する場合は基本的に安い金額で離婚することができます。必要な費用は旦那に払って貰えば問題ありません。必要なお金が多くなるパターンは裁判をする方法です。慰謝料や離婚調停による裁判を実施する場合、どうしても裁判費用を弁護士に支払うこととなり、必要なお金が多くなってしまいます。

 

これ以外にも生活費を確保しなければならないので、かなりのお金が必要となってしまうのは間違いありません。離婚をする際は旦那からある程度のお金を貰うくらいの覚悟が必要となりますので、離婚をするなら生活費を受け取れるような感じにしておいてください。

 

裁判を行う場合は後から貰える慰謝料で支払うということもありますが、それ以外の方法で捻出することも考えなければなりません。離婚というのは一見すると高い費用が必要となる可能性もありますが、実際には離婚するだけならあまりお金はかかりません。

 

しかし裁判で争う場合はとても高い費用を支払うことになりますので、出来る限り必要なお金については離婚前に確保しておいた方がいいでしょう。また協議によって離婚できるよう、ある程度の条件で手を打つことも考えた方がいいです。

専業主婦が借りられる金額の範囲は?

最近では専業主婦でも借入が可能なサービスが増えています。しかし、借りる事ができる限度額がとても低く設定されているのです。具体的には大体30万円が限度となっており、高く設定されている場合でも50万円程度までとなっています。

 

何故、専業主婦の借入限度額が低くなっているのかといえば収入に起因します。専業主婦といえば基本的に収入がありません。

 

もちろん遊びまわっているわけではなく家事をしっかりとこなしていると思いますが、家事をいくら行っても収入にはならないため借入の上限が低くなってしまいます。お金を貸す側からすると収入がない以上は返済能力が低いと判断するしかないのです。

 

とは言え、配偶者には安定した収入があれば一定の返済能力はあると考えられるため専業主婦の借入適正範囲はおよそ30万円という事になっています。限度額を30万円から引き下げる事は可能です。あくまでも適正範囲というのは返済できるであろう金額なので、

 

 

それを引き下げることには何の問題もありません。


また、適正範囲の30万円という金額は配偶者に安定した収入がある場合のものです。そもそも配偶者が失業しているような場合だと返済能力がないとみなされ借入自体が出来ない場合もあります。

 

専業主婦の立場ですと50万円以上の金額を借りる事が難しいのは理解いただけたかと思います。100万円借りたいという場合には、働いている配偶者名義で借入をしてもらいましょう。当然働いている配偶者本人であれば専業主婦の適正範囲を超えて借入が可能です。