専業主婦の年金の手続き

専業主婦の年金の第3号被保険者は保険料を納めなくてもその期間中は保険料を支払ったものとしてみなされ将来年金が受け取れます。しかしなにも手続きをしなくてもよいわけではなく、手続きが必要になる場合があります。

 

 

専業主婦が保険料を支払うケースってあるのかなぁ・・・


それはサラリーマンである配偶者(夫の場合が多いので夫とします)が会社を退職した場合や自営業となった場合です。

 

 

第3号被保険者は第2号被保険者の配偶者で、サラリーマンの妻となります。


夫が会社を退職して第1号被保険者となってしまった場合には専業主婦は第3号被保険者ではいられなくなり、第1号被保険者となります。この場合はきちんと役所の年金窓口で手続きを行い国民年金保険料を納付する必要があります。

夫の雇用状態で変わる専業主婦の被保険者としての扱い

夫が再度就職した場合には再び第3号被保険者になれるので、夫が就職した会社に第3号被保険者の手続きを行ってもらいます。夫が65歳になった場合や死亡した場合にも種別変更の手続きが必要になります。第3号被保険者は加入漏れが多い制度です。

 

 

面倒でも手続きは忘れないようにしないと・・・


年金の加入記録漏れ問題もありましたし、手続きを行ったつもりでも会社が手続きを行うのできちんと反映されていない場合もあります。

 

 

自らねんきん定期便などで年金の加入記録を確認しておく必要があります。


年金の受給資格を得る為には?

万が一年金の空白期間があり、放ったままにしておくと年金の受給資格期間を満たさず将来年金が受け取れない可能性も出てきます。手続き漏れなどで空白となっている場合には

 

 

年金事務所へ相談してみると救済制度がある場合もあります。


確実に年金を受け取るために自分で加入記録を確認してみることが大切です。